タイヤ交換

すっかり冬ですね。タイヤ交換といえば時期的に世間ではスタッドレスタイヤへの交換だと思いますが、車の走行が115000kmを超えて、タイヤがそろそろしんどかったので年末に新調しました。もちろん夏タイヤです。(季節感無視)
RE-11Aからの交換だったのですが、何軒かタイヤショップをまわって入手の都合なども含めて勘案して、結局RE-71Rに交換することになりました(またBRIDGESTONEかよ)。


溝すくなっ

ってことで、履き替えての感想ですが…
熱の入れ方は今までのPOTENZAより若干熱の入れ方が難しいかな?方向性は同じようなので、そこまで苦戦しないとは思うんですけど、これはサーキットで試すまでは保留です。
乗り心地は明らかにソフトになりました。ゴム自体の柔らかさがよくわかります。剛性が心配でしたがそこも問題なく。サイドウォールの剛性は070ほどではないものの11Aよりは高そうです。初期応答は070の方が若干ソリッドに感じましたが。
溝の少なさが心配でしたが、今のところウェットでも公道レベルでは特に問題なく。といっても、流れに乗って走っている限りは無茶な速度にはなりませんし、危なそうなときは速度落とすので、これもサーキットで試さないと限界は不明。
最後に大事なグリップですが、すんげー路面を喰います。070と比較してもいい感じです。

ってことで、早くサーキットで試したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です